みん経トピックス

特集

インタビュー2018-11-06

「WELCOME to OSAKA~EXPO2025」第9回は、振付師・akaneさんを迎えノリノリ万博トーク!

11月3日放送、第9回。今回のゲストは、振付師のakaneさん。昨年バブリーダンスで一世を風靡(ふうび)した登美丘高校ダンス部のコーチも務めています。大阪万博誘致スペシャルサポーターとしても活動されており、最近は10月23日に公開された「万博誘致ダンス」の動画で世間を騒がせています。今回はそんなエネルギッシュなakaneさんに、万博誘致ダンスの裏側や、他のメディアでは見せない素顔(?)までノリノリでお話しいただきました!

【第9回の放送スタート!本日のゲストは、振付師のakaneさんです】

浅越さん:あのダンスは有名ですからね!登美丘高校の「バブリーダンス」。あれ何年でしたっけ?

akaneさん:2018年です。…ん?いや!昨年!?昨年だ!時の流れが早すぎる…!

浅越さん:あそこまでの反響は予想していなかった?

akaneさん:全く予想していなくて。ここまでになるとは…(笑)

時の流れの速さに驚くほど「バブリーダンスの反響はものすごかった」と話すakaneさん。akaneさんも驚いたようですが、ダンス部の学生さんたちの反応はというと…?

akaneさん:それこそ普通の高校生では経験できないことだらけだったので、毎日「意味わからん」みたいな(笑)「なんでここに自分がいるんだ」とか言いながら、色んな人と共演させて頂いたり、テレビに出演させて頂いたりしていました。

浅越さん:それで生徒さんが女優になったりするわけでしょう?

akaneさん:そうですよ!いつも教えていた生徒がドラマとかCMに出ていて、テレビで観るわけですよ。「遠いところ行っちゃったなあ…」みたいな感じです(笑)

…とのこと。ちなみに、共演した方の中で学生さん達が1番沸いた方は、三浦大知さんらしいですよ。

バブリーダンスは「SKE48でも流行っていた」というエピソードも。

わんちゃん:「ユニットコンサート」というものがあって、そのユニットの内の1組がバブリーダンスを真似していて、とても話題になっていました!

akaneさん:めちゃくちゃ嬉しい!

軽快にトークを展開するakaneさん

浅越さん:SKE48が躍るバブリーダンスも面白そう。そう考えたら…バブルって偉大ですね。僕もバブリーダンスのディスコとかは分かんないですよ。ただ、知らない分、想像力で出来る良さがあるよね。

akaneさん:そうなんです!「こんな感じやろ!」みたいな感じで振付すると、「全然違う!そんなキレキレじゃない!そんなん出来へん!」みたいに言われたり(笑)

わんちゃん:今時のものが加わっているから、良いみたいなところがありますよね。

バブリーダンスの話題の次は、akaneさん自身のプロフィールに迫ります!

登美丘高校ダンス部は当時登美丘校生だったakaneさんが、同好会を部活に昇格して歴史が始まりました。今では体育の授業に組み込まれるほど浸透しているダンスですが、当時は少しチャラついたようなイメージがあったため、部活に昇格させるために(色々なものと)戦ったのだとか。そして、akaneさんらの頑張りと、協力してくれる先生方のおかげもあって、見事昇格。今ではダンス部の名門として知られる登美丘高校。その歴史はakaneさんから始まったのですね。

浅越さん:そういう縁があって、今母校でダンス部のコーチをしていらっしゃる、と。これも感慨深いですね。

ダンス部の歴史を振り返り、しみじみとした表情を浮かべる浅越さん

akaneさん:そうですね。こんなにも関わることができて私は幸せです。

振付師として活躍するakaneさん。SKE48時代に歌って踊るアイドル活動をしていたわんちゃんにも、ダンスにまつわる様々な思い出があるようで…

わんちゃん:私はダンス初心者の状態でSKE48に入って。SKE48に入った頃とかは夜中の4時とか5時まで起きて練習して、そのまま6時集合で、15分くらいしか寝てないことも全然あったんですよ。それでも結局ステージに出してもらえなかったりして。

振付の先生からは「めっっっっっちゃくちゃ怒られました」と話すわんちゃん。「人生でこんなに怒られることない」と断言するほど厳しい練習だったようです。

浅越さん:怒られたときはへこんだ?

わんちゃん:へこんだどころか大号泣ですよ。ただ、怒るのってめちゃくちゃエネルギーのいることで…だからakaneさんは、めっちゃ大変だと思うんですよ。

akaneさんに対して真剣な眼差しを向けるわんちゃん

浅越さん:今日のゲストはakaneさんと聞いて…「僕いつ怒られるんかな」と(笑)テレビとかを観ていたらめちゃくちゃ怒っているから…(笑)怒る人なんでしょう?

akaneさん:怒らないですよ?(笑)(テレビみたいに)ずっと怒っていたらいつか死んじゃいます私(笑)

わんちゃん:ダンスの先生の凄いところって、最後出来たらちゃんと褒めてくれるじゃないですか。飴と鞭を上手く使い分けているんだと思います。だから、ついていこうって思うんだと思います。

浅越さん:「ここまで這い上がってこい」と思わせといて、実際に這い上がってきてくれたら嬉しいよね。

akaneさん:めっちゃ嬉しいですよ、やっぱり。期待して「ここまでくる」って分かっているけど、そのためには努力が必要で。それを近くで見ていて、達成したときには感動してウルッと来るんですよ。だからこの仕事は辞められないです。

そして10月23日に公開された「万博誘致ダンス」の話へ。…と、その前に、akaneさんの大阪万博誘致にかける想いをお話しいただきました。

浅越さん:今回万博誘致ダンスの振付をした、と。凄い話が来ましたね。この話が来たときはどう思いました?

akaneさん:そもそも私が万博に興味を持ちだしたのは、1970年大阪万博の時に大好きな岡本太郎さんが総合プロデュースしていると知って、それがキッカケで調べ始めて。過去に「万博」をテーマに作った作品で、振付師のコンテストで賞を頂いたこともあるんです。

世間ではオリンピックと騒がれていますけど…「いや、万博やばいで!」みたいな(笑)大阪が万博開催に向けて動いていると聞いて「絶対に自分も関わりたい!」と思っていたので、運が良いな、と自分でも思います。

11月23日に万博開催地は決まりますが、なんとなく「大阪に決まるだろう」という勘もあって。この万博誘致ダンスで、さらに色んな人に広まれば良いな、という気持ちがあります。

そして万博誘致ダンスの裏側のお話へ…

※万博誘致ダンスをまだご覧になっていない方は、下記URL先にリンクを貼っておりますので、ぜひご覧ください!
https://youtu.be/LpT9_KfUx00

浅越さん:僕たちも見させていただきました。楽しいダンスですね!大阪の名所が出てきて。あの風景を見ると「人がいない時に撮影したんだなぁ」と(笑)

わんちゃん:朝早くに、大変だなぁて感じですよね(笑)

akaneさん:いやでもね、朝早いおっちゃんとかがチャリで通ったりして大変だったんですよ(笑)しかも何往復もするんですよ!なんで?って思いながら(笑)

わんちゃん:本当凄かったです。しかもパフォーマンスもすごい揃っているじゃないですか。それって結構難しいことだと思っていて…私もアイドル時代に一体感を出そうと思って、揃えようと努力はするんですけど…「踊れる」のと「揃う」のはまた違うじゃないですか。

akaneさん:違いますね。私達はずっと一緒にやっているチームなので、練習の時から息が合うんですよ。ただ最後のシーンは100人以上でやっていて、あれは上からの撮影なので、本人は自分がどういう風に映っているのかが分からないんです。だから「もっと右!」とか「もっとカーブを!」とか色々言っていました(笑)難しかったですね。

万博誘致ダンスの楽曲は、1970年大阪万博のテーマソング「世界の国からこんにちは」を、akaneさんがアップテンポに編曲したものを使用しています。

akaneさん:「こんにちは」という曲に合わせてのダンスだったので、踊りの振付もお辞儀などの日本人特有の癖をふんだんに取り入れたキャッチーなものに仕上げています。

浅越さん:お辞儀がダンスになるんだもんね。面白いなぁ。(akaneさんは)大阪生まれ、大阪育ちで。「万博があった」ということしか知らない状況で、大チャンスが巡ってきましたもんね。

akaneさん:そうです。1番最後に撮影したところが、万博開催地の「夢洲(ゆめしま)」というところで、めちゃくちゃ広くて!「うわ~ここで万博やれるんかなぁ」みたいなワクワクもありました。海も近くて、だいぶ良い雰囲気のところじゃないかな、と思います!

そんな夢と希望があふれるakaneさんに、「未来の大阪はこうなっていたら良いな」という願望を聞いてみました!

akaneさん:1970年に万博を開催した時からかなり時間も経っていますし、より進化した大阪をアピールしたいです。今も1970年の大阪万博に感化されて表現することもありますし、未来の自分よりもっと下の若者たちに「こんな面白いことをしたんだよ」っていう功績を残していけたらな、と思います。

浅越さん:「万博誘致ダンス」で、大阪万博のスタートのスタートを任されたので、実際に大阪万博が開催された暁には、フィナーレダンスみたいなものの振付を任されてほしいなぁ。わんちゃんも踊るメンバーに参加して…めっちゃくっちゃ怒られや。(笑)

(一同爆笑)

そしてakaneさんリクエストの「YOUR SONG」を聴きながらお別れへ…。番組を終え「2025年大阪万博が決定したら、ぜひ閉幕式のフィナーレダンスはakaneさんに…!」と切に願う番組チームなのでした。

万博開催地決定日まで残り20日を切りました。「万博誘致ダンス」の動画を見て、踊って、SNSにアップするなどして、開催地決定日までの残り数日を盛り上げていきましょう!akaneさん、ご主演頂きありがとうございました!次回の放送は、11月10日(土)です。お楽しみに!

【番組内紹介曲】
(1) YOUR SONG ELTON JOHN

【公式】アカネキカクTwitter:https://twitter.com/aknkkk_official
アカネキカクyoutube:https://www.youtube.com/channel/UCrR3bHE6ZJ30YUUTl-G2RVg
akane Twitter:https://twitter.com/akachanmaaaaaan

【大阪・関西への万博誘致を応援する番組「WELCOME to OSAKA~EXPO2025」のご紹介】
9月5日にFM OH!で始まった大阪・関西への万博誘致を応援する番組「WELCOME to OSAKA?EXPO2025」。毎週土曜日19時~19時30分に放送され、DJは、お笑い芸人の浅越ゴエさんと元SKE48の犬塚あさなさん(わんちゃん)が務めます。番組では、1970年当時の大阪万博に関するエピソードをはじめ、万博のトリビアやSDGs(持続可能な開発目標)のほか、大阪・関西の「過去・現在・未来」などについてトークを展開します。

FM OH!番組URL
http://www.fmosaka.net/_sites/16783410

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は12月25日、2025年大阪・関西万博開催に必要な事業の方針、計画をまとめた「2025年日本国際博覧会協会基本計画」を策定した。ウォーターワールドで行う環境演出催事のイメージ(画像提供:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会)。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング