みん経トピックス

大阪・本町で「万博シンポジウム」梅田で大阪・関西万博勉強会

守口市で「空手道選手権大会」 大阪・関西万博PRブース設置、SDGs推進活動も

守口市で「空手道選手権大会」 大阪・関西万博PRブース設置、SDGs推進活動も

昨年の開催の様子

写真を拡大 地図を拡大

 「子ども輝く未来基金チャリティオープントーナメント 第34回全関西空手道選手権大会」(TEL 072-965-9233)が9月15日、守口市民体育館(大阪府守口市河原町9)で開催される。

子ども輝く未来基金チャリティオープントーナメント第34回全関西空手道選手権大会

 空手道を通じたSDGs普及啓発の推進と、2025年大阪・関西万博成功に向けて明るいまちづくりを目的に開催する同大会。会場には万博PRブースを設置し、動画の放映や来場者に向けてインタビューを行い、2025年大阪・関西万博の認知を広める活動を行う。来場者数は3000人を予定。大会はトーナメント方式で、型試合15部門・組手50部門全605人の選手が頂点を目指すという。

 屋外ブースでは、賞味期限切れ食品のリサイクルを取り扱う「NPO日本もったいない食品センター」が出店。兵庫県丹波笹山の農産物販売ブースも設置する。

 主催の新極真会大阪東部支部支部長阪本晋治さんは「2025年大阪・関西万博開催に伴い、日本文化でもある武道・空手も世界に発信できれば。皆さんで力を合わせて万博を成功に導きましょう」と呼び掛ける。

 開催時間は9時~17時。入場料は2,000円(小学生以下無料)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

2025年に開催される「大阪・関西万博」に向け、こたつを囲んで「OMOSIROI」を語り合うイベント「こたつ会議」が9月21日、大阪・梅田の商業施設「グランフロント大阪」(大阪市北区大深町3)北館1階「ナレッジプラザ」で開催される。世界各国の万博で使用された制服のファッションショーも。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング