みん経トピックス

東大阪で万博ロゴ作成茶屋町で万博ワークショップ

森美術館「未来と芸術展」会場に「2025年大阪・関西万博誘致計画案」アート

森美術館「未来と芸術展」会場に「2025年大阪・関西万博誘致計画案」アート

アート作品「2025年大阪・関西万博誘致計画案」

写真を拡大 地図を拡大

 アート作品「2025年大阪・関西万博誘致計画案」が現在、六本木ヒルズ森タワー(東京都港区六本木6)53階の「森美術館」で開催している企画展「未来と芸術展」会場に展示されている。

 クリエーティブ集団「PARTY」と、建築事務所「noiiz」が制作した同作品。会場では、誘致段階の会場計画の大型模型や、模型と壁面へのプロジェクションマッピングによる映像展示、透明スクリーンを活用した最新のオープン型AR体験を展開している。

 「未来と芸術展」は、AIやバイオ技術などの最先端テクノロジーと、その影響を受けて生まれたアート、デザイン、建築を通して、近未来の都市、環境問題からライフスタイル、社会や人間のあり方を来館者と一緒に考える展覧会。

 開催時間は10時~22時(火曜日は17時まで)。入場料は、一般=1,800円、学生=1,200円、子ども=600円、シニア=1,500円。2020年3月29日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は12月25日、2025年大阪・関西万博開催に必要な事業の方針、計画をまとめた「2025年日本国際博覧会協会基本計画」を策定した。ウォーターワールドで行う環境演出催事のイメージ(画像提供:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会)。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング