みん経トピックス

大阪・本町で「第3回 PLL促進会議」SDGs共創プロジェクト始動

茶屋町で若者に向け万博ワークショップ 学生発案のプロジェクト発表も

茶屋町で若者に向け万博ワークショップ 学生発案のプロジェクト発表も

~2025を創る燃える若者になろう~学生発プロジェクトこの指とまれワークショップ

写真を拡大 地図を拡大

 若者を対象にした2025年大阪・関西万博ワークショップ「~2025を創る燃える若者になろう~学生発プロジェクトこの指とまれワークショップ」が2月24日、「ABC-MART梅田ビル」(大阪府大阪市北区茶屋町1)7階「UMEDAI会議室」で開催される。主催は、近畿経済産業局2025NEXT関西企画室(大阪市中央区)。

 「新たな時代をけん引するのは若者」と捉え、ワークショップを通じてグループで一つのプロジェクトを創り上げる体験を提供する。学生や若者に2025年大阪・関西万博への関心を持ってもらうことで、若者独自の視点でのプロジェクトが各地で開催されることを期待し、最終的に関西全体が活性化することを狙う。

 当日は、万博協会から2025年大阪・関西万博に向けて若者に訴えたいメッセージを伝えた後、4~5人の学生がプロジェクト案を発表。その後各々が賛同するプロジェクトに分かれてグループディスカッションを行う。最後に、全体議論と講評を行う構成で進行する。

 開催時間は13時30分~17時。参加無料。定員は50人。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は12月25日、2025年大阪・関西万博開催に必要な事業の方針、計画をまとめた「2025年日本国際博覧会協会基本計画」を策定した。ウォーターワールドで行う環境演出催事のイメージ(画像提供:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会)。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング