みん経トピックス

「国際シンポジウム」開催へ

大阪・関西万博開催地で「夢洲超花火」開催へ 4万5千発の花火で万博認知拡大

大阪・関西万博開催地で「夢洲超花火」開催へ 4万5千発の花火で万博認知拡大

「レッツゴー万博2025カウントダウン4 『夢洲超花火』」記者発表会

写真を拡大 地図を拡大

 2025年大阪・関西万博開催地・夢洲で5月4日、日本最大級の4万5000発の花火を打ち上げるオンライン視聴型花火イベント「レッツゴー万博2025カウントダウン4『夢洲超花火』」が開催される。主催はレッツゴー万博2025実行委員会(大阪府大阪市)。

大会実行委員会委員長の白濱良太さん

 万博の認知拡大や新型コロナウイルスの退散のほか、医療従事者への感謝などを目的に実施する同イベント。万博開催の4年前にあたることから、「レッツゴー万博2025 カウントダウン4」とイベント名を命名。大阪・関西万博の開催地である夢洲を舞台に実施する。コロナ禍での開催で三密を避けるため、一般席は設けず、ライブ配信によるオンライン視聴を主として開催する。視聴料金は無料。オンライン視聴目標合計者数は500万人。

 イベントは、第1部「夢洲超花火」、第2部「新型コロナウイルス鎮魂の祭典」の2部制で開催予定。目玉となる花火は、2020年に全国で花火大会が中止となったことで、残った花火を買い取ることで開催。大会実行委員会委員長の白濱良太さんは「花火師の救済や、日本の伝統文化の継承を支援できれば」と話す。打ち上げ数は、日本最大級の4万5000発以上を予定している。

 さらに、花火に並ぶメインイベントとして、LEDを搭載した800機以上のドローンを一斉に飛ばし、夜空にモチーフやメッセージを描く「ドローン演舞」も開催。ドローン以外にも、レーザー・ライティングや音楽をシンクロさせ、最先端のエンターテイメントショーとなる予定だという。

 3月上旬に出資者を募るクラウドファンディングを開始。支援のリターンは、「公式記念BOOK」や記念品の贈呈、ライブ配信でのエンドロールに名前の記載などを予定。支援金の一部は医療支援団体を通して、新型コロナウイルスワクチンが不足している開発途上国の医療関係者へのワクチン支援に活用する。

 2月16日に「アットビジネスセンター心斎橋駅前」(大阪市中央区南船場4)6階で開催された記者発表会では、白濱さんや、大阪観光局溝端宏理事長ら5人が登壇。花火やドローンのショーに関するデモ映像を流すほか、イベントへの思いを熱く語った。

 白濱さんは、同イベントについて「下を向いた世の中だが、物理的に上を向けるだけではなく、未来まで視点を向けてしまうようなイベント」と話し、続けて「大成功させるため、引き続き全力で努力していく」と力を込めた。

 開催時間は15時~21時。観覧方法は、ライブ配信のオンライン視聴。協賛社(者)、医療従事者専用に観覧スペースを設置(車両での来場のみ)。詳細は順次ホームページで公開する予定。雨天中止。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会が10月19日、2025年開催の大阪・関西万博で飲料メーカー「サントリーホールディングス」と空調メーカー「ダイキン工業」が「ウォータープラザ 水上ショー(仮称)」を開催すると発表した。大屋根の内側「ウォータープラザ」で開催(画像提供:2025年日本国際博覧会協会)。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング