みん経トピックス

ルクア大阪で大阪・関西万博公式グッズ販売 開催3年前グッズも

ルクア大阪で大阪・関西万博公式グッズ販売 開催3年前グッズも

3年前グッズが並ぶ店頭

写真を拡大 地図を拡大

 大阪・関西万博公式ライセンスグッズを売るポップアップショップが4月13日、ルクア(大阪市北区梅田3)9階ルクアホールにオープンした。

4月13日から新販売の3年前グッズと法被、缶バッジ

 昨年9月16日に近鉄百貨店や同店オンラインショップで販売を始めた公式ライセンスグッズ。梅田エリアでの展開は初めて。店舗面積は約85平方メートル。フェイスタオル(1,650円)や扇子(1,980円)のほか、サスティナブルコットンタオル(880円)、オーガニックコットントートバッグ(2,800円)など78種類のグッズを取り扱う。人気が高いというピンバッジは鉄製7種類、木製2種類の9種類。販売を請け負うADKエモーションズ(東京都港区)の安部俊介さんは「身に着けやすいことから、ビジネスマンをはじめ多くの人に人気」と話す。

 4月13日で、大阪・関西万博の開催の3年前となることから、「3年前グッズ」として新たに4種発売する。3年前を意味する「3YEARS TO GO」という表記や公式ロゴマークをあしらった手ぬぐい(1,980円)、カウントダウンピンバッジ(770円)などをそろえる。缶バッジ6種や法被も新たに販売する。全種類取り扱うのは同店、近鉄百貨店オンラインショップのみ。

 2025年日本国際博覧会協会機運醸成局企画部企画・推進課係長の今井翔一さんは「ピンバッジやTシャツなど身に着けられるものを優先的にグッズに選んだ。年齢、性別問わずたくさんの人にグッズを身に着けてもらい、ロゴマークを知ってほしい」と話す。

 営業時間は10時30分~20時30分。4月17日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会が10月19日、2025年開催の大阪・関西万博で飲料メーカー「サントリーホールディングス」と空調メーカー「ダイキン工業」が「ウォータープラザ 水上ショー(仮称)」を開催すると発表した。大屋根の内側「ウォータープラザ」で開催(画像提供:2025年日本国際博覧会協会)。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング