みん経トピックス

万博開催地決定前夜祭通天閣が万博誘致応援

大阪・谷町で「はじめて万博展」 クリエーター11組が万博への期待を作品に

大阪・谷町で「はじめて万博展」 クリエーター11組が万博への期待を作品に

「はじめて万博展」のメインビジュアル

写真を拡大 地図を拡大

 大阪・谷町4丁目のデザイン制作会社「STARRYWORKS inc.」(大阪市中央区谷町4)1階のギャラリーで11月21日、2025年の万博をテーマにした展示会「はじめて万博展」が始まる。企画は人間(西区)とバイスリー(西区)。

 人間とバイスリーが合同制作し、10月15日に発刊したフリーペーパー「はじめて万博」の展示会。17~22面にかけて掲載した、関西で活躍するクリエーターが7年後の万博に対するアイデアをいち早く発表するコンテンツ「EXPECTING EXPO(関西のクリエイターが期待する万博)」と連動した企画展として開催する。

 掲載した5組のクリエーターに加え、新たに6組のクリエーターが参加。「2025年の万博開催地が大阪に決定した」と仮定して、シンボルマークやポスター、モニュメント、キャラクター、コスチュームなどさまざまな作品を展示する。参加するクリエーターは、いずれも関西で活躍しており、イラストレーターや現代アーティスト、コピーライターなど多岐にわたる。「はじめて万博」も会場内に置く。

 今月23日の万博開催地発表で他国に決定した場合は、25日で終了。万博開催地が日本に決定した場合は31日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は12月25日、2025年大阪・関西万博開催に必要な事業の方針、計画をまとめた「2025年日本国際博覧会協会基本計画」を策定した。ウォーターワールドで行う環境演出催事のイメージ(画像提供:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会)。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング