みん経トピックス

1970年万博の「案内地図」復刻アメ村で「万博勉強会」

2025年万博の略称「大阪・関西万博」に決定 関西全体に波及効果を

2025年万博の略称「大阪・関西万博」に決定 関西全体に波及効果を

万博開催決定の瞬間

写真を拡大

 経済産業省が1月24日、2025年国際博覧会(万博)の正式名称を「2025年日本国際博覧会」とすると発表した。略称は、開催地の大阪だけでなく関西全体の魅力を訴える狙いから、「大阪・関西万博」に決定した。

 2018年11月23日に大阪での開催が決定した2025年国際博覧会。略称に「関西」を加えたのは、大阪だけでなく関西全体に万博の波及効果を広げる狙いから。1970(昭和45)年に開催された「大阪万博」との区別も付けやすくしたという。

 25日には、「大阪・関西万博具体化検討会」を開催。テーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」の深堀りや、会場計画などの開催計画の具体化を進めた。今後、有識者へのヒアリングを進め、今夏をめどに検討会委員への報告をまとめるという。計画の詳細を記して博覧会国際事務局(BIE)に提出する「登録申請書」は、今年12月に提出目標を設定した。

 今月30日には、万博の運営主体となる「一般社団法人2025年日本国際博覧会協会」が設立する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

2025年に開催される「大阪・関西万博」に向け、こたつを囲んで「OMOSIROI」を語り合うイベント「こたつ会議」が9月21日、大阪・梅田の商業施設「グランフロント大阪」(大阪市北区大深町3)北館1階「ナレッジプラザ」で開催される。世界各国の万博で使用された制服のファッションショーも。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング