みん経トピックス

中之島で「博覧会の展覧会」展「バーチャル大阪館」アイデア募集開始

延期後のドバイ万博「ジャパンデー」2021年12月11日に決定 日本館アテンダント募集も

延期後のドバイ万博「ジャパンデー」2021年12月11日に決定 日本館アテンダント募集も

ドバイ万博会場の日本館の現状(2020年11月27日時点)

写真を拡大 地図を拡大

 会期延期後のドバイ国際博覧会の「ジャパンデー」が、2021年12月11日に決定した。

 ドバイ万博は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で当初の予定から約1年後ろ倒しとなり、2021年10月1日~2022年3月31日に開催される。会場では日本館の建築工事も進められており、外観の正面部分であるファサードや諸室の内装の仕上げが完成するなど、開幕に向けて着々と準備が進められている。

 会期中、各参加国の参加をたたえるナショナルデーがあり、日本のナショナルデーとなる「ジャパンデー」の開催が2021年12月11日に決定した。「ジャパンデー」では、日本の魅力や地域の取り組みの発信を目的とし、さまざまな企業・団体と共同で、2025年大阪・関西万博にもつながるイベントを計画している。

 現在、日本館を一緒に創り上げる「日本館アテンダント」を募集している。募集期間は2021年3月22日12時まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は12月25日、2025年大阪・関西万博開催に必要な事業の方針、計画をまとめた「2025年日本国際博覧会協会基本計画」を策定した。ウォーターワールドで行う環境演出催事のイメージ(画像提供:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会)。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング